事業案内

3つの事業

医薬品から液晶テレビ、スマートフォンまで。伊勢化学工業が関わる分野は多岐にわたり、人々の暮らしを快適にするため、たゆまぬ研究開発を行っています。主な事業はヨウ素、天然ガス、金属化合物の3本柱。どの分野でも製品を生産するだけでなく、リサイクルにも積極的に取り組んでいます。生命の星・地球に眠る地下資源の恩恵を受け、製品を生産しているからこそ環境への配慮を忘れない。当社は人と地球とともに歩み続けます。

ヨウ素事業

ヨウ素事業
約200万年前ー関東平野が海底にあった頃ー多くの有機物が堆積した層が地殻変動によって閉じ込められ、古代海水“かん水”が誕生しました。
当社では地下500~2000mに眠るかん水からヨウ素と天然ガスを生産しています。「ヨウ素」と聞いて、まず思い浮かぶのはうがい薬ですが、実はそれ以外にもレントゲンの造影剤や農薬、液晶用偏光板やレーザー光線の素材としても使われています。最先端の分野で活躍する注目の素材です。

製品詳細

金属化合物事業

金属化合物事業
ここ十数年で産業界からの需要が急速に高まっている金属化合物。
特にニッケル、コバルトの金属化合物はコンデンサやリチウムイオン電池などの原材料として使われるため、以前と比べて市場が広がっている注目の素材です。
当社では、1970年代から金属化合物事業をスタートし、現在ではニッケル、コバルト系の金属化合物をお客様のニーズに合わせて、徹底した品質管理の下に生産しております。

製品詳細

天然ガス事業

天然ガス事業
ヨウ素と密接な関係にある天然ガス。天然ガスもヨウ素もかん水の中に含まれているからです。
数百万年もの歳月をかけて古代地層の有機物がバクテリアに分解され、メタンガスとなって地下に眠っています。
産出された天然ガスは都市ガス用・工業用としてガス事業者へ供給されます。
天然ガスは同じ化石燃料である石油・石炭に比べて地球温暖化の原因である二酸化炭素の発生量が少なく、地球に優しいエネルギーとして注目されています。

製品詳細