企業情報

ディスクロージャー・ポリシー

  1. 基本方針
     伊勢化学工業株式会社(以下、「当社」という。)は、当社経営基本方針に基づき、株主・投資者、顧客、取引先、従業員、地域社会等、当社を取り巻くステークホルダー(以下、「ステークホルダー」という。)に対し、適時・適切かつ公平な情報の開示に努めることを基本方針といたします。
  2. 情報開示の基準
    (1)当社は、法令及び上場金融商品取引所の定める諸規則等(以下、「法令等」という。)の規定により、開示が求められる情報について、当該法令等の定めに従い、適時・適切かつ公平な開示を行うものといたします。
    (2)当社は、前(1)の情報のほか、当社の未公表の確定的な通期及び各四半期決算関連の情報であって、当社株価に重要な影響を与えると判断する情報について、前(1)に準じ、公平な開示を行うものといたします。
    (3)当社は、前(1)及び(2)以外の当社の業績、経営方針又は事業内容等に対するステークホルダーの理解を深めるために有用と考えられる情報について、当該情報の内容等に応じ、適宜、適切な開示に努めるものといたします。
  3. 情報開示の方法
    (1)当社は、前2.(1)の情報について、法令等に規定する方法により、開示を行うものといたします。また、当該情報のうち、適時開示が求められる情報については、東京証券取引所が提供する適時開示情報伝達システム(以下、「TDnet」という。)を通じての公表、プレスリリース及び当社ホームページへの掲載により、併せて開示を行うものといたします。
    (2)当社は、前2.(2)の情報について、TDnetを通じての公表、プレスリリース及び当社ホームページへの掲載により、開示を行うものといたします。
    (3)当社は、前(1)及び(2)以外の情報について、適宜、情報の内容等に応じて適切な方法により、開示を行うものといたします。
  4. 沈黙期間
     当社は、決算情報の漏えいを防止するとともに、情報開示の公平性を確保するため、通期及び各四半期末日から決算公表日までの間を沈黙期間とし、決算に関する問合せ等に対する回答及びコメント等を行わないものといたします。
  5. 将来予測
     当社が業績予想等の将来予測を開示する場合、当該予測は、開示時点において当社の入手している情報及び合理的であると判断する一定の前提に基づいており、実際の結果については、当該予測と乖離する可能性がございます。


  6. 2018年11月19日 制定