製品情報

金属化合物について

二次電池の材料として市場が急拡大
当社では主にニッケル、コバルト系の各種金属化合物を生産しています。メッキや染料、触媒として用いられることが多かった金属化合物ですが、最近では携帯電話やパソコン、ハイブリッドカーなど人々の生活に深く関わる分野で目覚ましい発展をとげています。

金属化合物とは?

金属化合物 かん水から生産するヨウ素、天然ガスとは違い、鉱石から生産される金属化合物。当社では使い古した航空機のエンジンからニッケル、コバルト系の金属化合物を分離・回収したのが金属化合物事業の始まりでした。近年、ニッケル、コバルト系の金属化合物はニッケル水素電池、リチウムイオン電池などの原材料として注目を浴びています。

使用用途

使用用途
これまで金属化合物は主にメッキ、合成樹脂を製造する際に使われる金属石鹸、また“コバルトブルー”という色があるように、その発色の鮮やかさから顔料、うわ薬などに用いられてきました。ところが今、新しい分野で需要が急速に高まっています。それは携帯電話などに内蔵されているセラミック・コンデンサや、パソコンやハイブリッドカーに必要不可欠なリチウムイオン電池。今後はスマートフォンなど情報機器の進化や、エコロジー意識の高まりからハイブリッドカーの普及が進むなど、更なる需要が見込まれています。

製造工程

製造工程
ニッケル、コバルト系の金属化合物を製造するにはさまざまな方法があります。当社では高品質な製品を生産するため、独自の溶媒抽出法、反応晶析法、焼成法を用いています。特に溶媒抽出法は航空機のエンジンスクラップや耐熱合金からニッケル、コバルトを取り出すのに有効な方法です。このようにして製造される製品には二次電池用のコバルト化合物である一酸化コバルト、四三酸化コバルト、水酸化コバルトなどがあります。

お客様との取り組み

次に必要とされる金属化合物は何か──。お客様との対話の中でニーズを探り、研究開発を進めてゆく。当社が常に心がけていることです。ここ数年、必要性が急速に高まった二次電池の材料を提供できるのも日頃の取り組みがあったからだと自負しております。さらなる幅広い需要にお応えできるよう、ニッケル、コバルト化合物の総合メーカーとして日夜、研究開発に取り組みます。