製品情報

研究開発

  • 研究開発のようす
  • 研究開発のようす

ヨウ素

大量に純度の高いヨウ素を生産することに成功した、日本で初めての“ブローイングアウト法”の導入。
輸送に強く、使いやすい球状ヨウ素“イセフロー”の開発など、当社はヨウ素供給のリーディングカンパニーとして日々、研究開発を行ってきました。
現在、当社が最も力を入れているのはヨウ素製品の回収・再利用。例えば、液晶用偏光板に使われるヨウ素化合物は回収率が高い製品のひとつ。 貴重な地下資源であるかん水を涸らしてしまうことなく、リサイクルを上手に取り入れることを目標としています。

金属化合物

金属化合物が含まれるセラミック・コンデンサ、ニッケル水素電池、リチウムイオン電池。
これらが使われているのはハイブリッドカー、スマートフォン、パソコン──今や人の生活に無くてはならないものばかりです。
急速に高まる需要に対し、原材料の鉱石をどこから調達するか、最も求められている素材は何かを見極めることに尽力しています。 また、バッテリーとしての機能を高めつつも小型化すること、発熱・発火の恐れがないような素材を開発することにも取り組んでいます。