生産技術部

齋藤 浩一

2016年入社

製造本部 生産技術部

  1. Q1.

    入社を決めた理由を教えてください。

    A1

    代表製品であるヨウ素が日本の貴重な輸出製品であることに魅力を感じたことが一つの理由です。それに加え、他社があまり行わない工場見学が新卒採用の選考過程であり、そこにオープンな社風を感じられた為、入社を決めました。

  2. Q2.

    職種と仕事内容を教えてください。

    A2

    生産技術部の業務は全工場の生産状況の把握・生産量指示、工場への新技術導入、既存設備・プロセス改善など多岐に及び、工場が安定的に効率よく稼働出来るよう支援することが役目です。私は現在、既存設備・プロセス改善業務を主に担当しています。

  3. Q3.

    仕事の面白い部分、難しい部分を教えてください。

    A3

    面白い部分は、自身が検討した設備・製造プロセスの改善案を実際の製造設備へ反映出来ることです。改善案を基にした詳細な設計は別部署が行いますが、設計に自身の思想が反映されることに面白みを感じます。
    難しい部分は、製造コストを意識した検討が必要なことです。技術的には実施可能でも、会社として採算が取れなければ本末転倒です。コストを考慮しながらより良い設備・プロセスを立案することが難しい部分です。

  1. Q4.

    実際に入社して、入社前と入社後で会社のイメージは変わりましたか?

    A4

    オープンなイメージは入社の前後で変わりませんでした。職場には気さくな先輩や同僚が多く、仕事の相談もし易いです。

  2. Q5.

    これまでで一番大変だった仕事(プロジェクト)は何ですか?
    どう乗り越え、どんな学びを得ましたか?

    A5

    塩化ニッケル製造設備の改善検討で行った、社外試験機によるパイロット試験です。社外メーカーと適宜連絡を取りながら試験を進めましたが、社内情報をどの程度伝えるのかが難しく、上司の協力を仰ぎながら進めました。まだまだ不十分ですが、新規設備・技術を検討する上での他社との情報共有の仕方を学びました。

  3. Q6.

    これからどんなキャリアを築いていきたいですか?

    A6

    製造プロセスの設計を行える様な生産技術者を目指しています。その為には、製造技術・設備などに対する多くの知識が必要になりますが、自身が先頭に立って設計した製造プロセスが実現されることを夢見て日々業務に励みたいと考えています。

MESSAGE

就職活動中のみなさんへメッセージ

自身の将来に大きく関わることであり、人に依っては人生の半分近くの時間を捧げる場を決めることになる活動です。不安はとても大きいと思いますが、一歩一歩進んで下さい。また、焦ることもあるかと思いますが、時には休息も大事だと思います。メリハリをつけながら、後悔の無いように活動して下さい。

ONE DAY

齋藤さんのある一日のスケジュール

  • 8:10

    出社。メールをチェックして一日のスケジュールを確認。

  • 8:30

    始業

  • 10:00

    社内会議

  • 11:00

    担当業務取り組み(方針の検討、資料作成、実地調査)

  • 12:00

    昼休み(~13:00)

  • 13:00

    担当業務取り組み(方針の検討、資料作成、実地調査)

  • 16:00

    作業進捗を上司に報告。翌日の業務を確認。

  • 17:30

    帰宅

PAGE TOP