研究所

早川 里奈

2019年入社

開発本部 研究所

  1. Q1.

    入社を決めた理由を教えてください。

    A1

    学生時代に共同研究をしていた関係で伊勢化学工業という会社を知りました。日本の貴重な国産資源であるヨウ素において、国内トップシェアで世界にも通じるヨウ素製造技術を持っている企業であることに魅力を感じました。また、拠点が基本的に千葉県にあり、ライフプランを立てやすいこと、さらに合同説明会や工場見学で会社を見たり、先輩社員とのやり取りを通じて職場の雰囲気がよさそうだと感じたことから志望しました。

  2. Q2.

    職種と仕事内容を教えてください。

    A2

    職種:研究所
    現在はヨウ素製造工程の改善に関する研究業務に携わっています。更なる技術力の向上を目標として、大学や外部企業との共同研究も積極的に行っているため、担当として共同研究に関わる機会も増えてきました。また、最近では技術調査や解析等のツールを用いることで、自身の担当テーマに加え、さらに業務を進められるようになってきました。

  3. Q3.

    仕事の面白い部分、難しい部分を教えてください。

    A3

    面白い部分は、若手の内から重要なテーマを任されることも多く、研究の成果によっては、自分の直接携わった研究が、実際の製造工程に反映されることもあるところです。
    難しい部分は、仕事である以上当然ではありますが、過程だけでなく結果も求められるところです。1人では限られた時間の中で結果を出すことが難しい場合もあるので、同僚や先輩の協力を仰ぎながら仕事に取り組んでいます。

  1. Q4.

    実際に入社して、入社前と入社後で会社のイメージは変わりましたか?

    A4

    殆ど入社前と変わりありません。職場の雰囲気がよさそう、と感じたのは間違いではなく、困ったことがあれば先輩社員に相談しやすい環境ができあがっているように感じています。

  2. Q5.

    これまでで一番大変だった仕事(プロジェクト)は何ですか?
    どう乗り越え、どんな学びを得ましたか?

    A5

    入社2年目から担当している、ヨウ素製造工程の改善業務です。ヨウ素に関する知識があまりない中でテーマを進めていくのは大変でしたが、チームの協力もあり、順序だてて処理していくことで、何とか成果を残すことが出来ました。この仕事を通してチームで課題を共有し、協力して課題を解決していくことの大切さを学びました。

  3. Q6.

    これからどんなキャリアを築いていきたいですか?

    A6

    伊勢化学工業は大人数の企業ではない分、一人一人の強みを生かしやすい会社だと思っています。そのためには知識・技術を十分に習得していることが前提となるので、先輩方の行動から一つ一つ業務を習得し、今以上に知識・技術を身につけていきたいと思います。そして自分の強みを生かしつつ、安心して仕事を任せてもらえるような人材になることが今後の目標です。

MESSAGE

就職活動中のみなさんへメッセージ

収入、知名度、勤務地、やりがい、職場の雰囲気など、皆さんいろいろな「こだわり」をもって会社選びをすると思います。自分の「こだわり」と会社は合っているかが、ひいては皆さんと会社の相性に繋がると思います。研究や学業との両立で大変だとは思いますが、自分の「こだわり」に合った会社が見つけられるよう頑張ってください。

ONE DAY

早川さんのある一日のスケジュール

  • 8:30

    出社、メールチェック、ミーティング

  • 9:00

    試験装置組立、試料調製、試験開始

  • 12:00

    昼食

  • 14:00

    試験終了、サンプル分析、データ解析

  • 16:00

    試験結果レポート作成、次試験計画、報告

  • 17:00

    帰宅

PAGE TOP