宮崎工場

種村 裕太郎

2016年入社

製造本部 宮崎工場

  1. Q1.

    入社を決めた理由を教えてください。

    A1

    就職活動時、理系職はもちろん営業職にも興味を持っていました。それでもいきなり営業ではなく、最初はモノの流れや現場を知るために製造を経験したいとも考えていました。会社説明会の中で、「営業になる人は現場を知る人」という自分の考えと同じ話があったことが、入社を決めた大きな理由です。
    また採用活動で関わった社員の方々の雰囲気に惹かれたことも大きな理由のひとつです。

  2. Q2.

    職種と仕事内容を教えてください。

    A2

    ヨウ素の原料である「かん水」と、副産物である「天然ガス」の生産管理に携わっています。日常的な保守点検や生産量管理をはじめ、設備の維持更新工事、時には突発的なトラブルへの対応も行います。安心で安定した生産を続けられるように日々業務に取り組んでいます。

  3. Q3.

    仕事の面白い部分、難しい部分を教えてください。

    A3

    面白い部分は自分の考えをカタチにできるところです。周りの方にもアドバイスを頂きながら設備を設計し、工事を終えて設備が稼働開始したときには安堵と達成感を感じます。
    設計や工事計画を考えるときには、第一に安全で作業員が作業しやすいこと、第二に効率や耐久性などが既設のものより良くなることを心掛けていますが、その両立が難しいです。現場作業員や工事業者と何度も打ち合わせを重ねながら作り上げていくからこそ、考えがカタチになったときの喜びはひとしおです。

  1. Q4.

    実際に入社して、入社前と入社後で会社のイメージは変わりましたか?

    A4

    入社前、企業を支えるものは開発力や技術力が第一だと考えていました。もちろん間違いではありませんでしたが、それよりも大切なのは操業地域に根を張るための努力だと感じています。ヨウ素の世界的なシェアを誇る企業でも、地場産業であるからには、その土台として地元住民からの理解と協力が不可欠なのだという点は入社前後で意識が変わりました。

  2. Q5.

    これまでで一番大変だった仕事(プロジェクト)は何ですか?
    どう乗り越え、どんな学びを得ましたか?

    A5

    どれが一番といわれると難しいですが、学びが多いのはやはり突発トラブルへの対応時です。周辺環境への影響の有無、設備停止原因、安全に復旧するための手順など、迅速に多視点から様々な事を考える必要があります。自分の力だけで何とかしようとせず、わからない点は積極的に周りを頼って、迅速な復旧に努めることが最優先だと感じました。トラブルが収まった後も再発防止策を完了するまで、通常業務では経験できない多くの事を学びます。

  3. Q6.

    これからどんなキャリアを築いていきたいですか?

    A6

    入社以来、ヨウ素製造工程の一部であるかん水採取の部分にしか携わっていませんので、今後はヨウ素製造全体、また、ヨウ素化合物の製造も経験したいと思っています。どんな手順で作業を行っていて、どんな設備が稼働しているのか、そこまで理解してはじめて現場作業員や工事業者と対等に意見交換でき、トラブル発生時でも頼れる存在になれると思っています。現在の目標は、現場目線で物事を考えられる製造のプロフェッショナルになることです。

MESSAGE

就職活動中のみなさんへメッセージ

今になって就職活動を振り返ってみて、もっと正直に自分をアピールできていたら良かったなと思う場面は少なくありません。就活本に書いてあるようなかっこいい言い回しなんかできなくても、これまでの頑張りや会社に対する熱意は相手にきっと伝わります。
就職活動は大変な事ばかりですが、焦らず腐らず、正直にありのままの自分で乗り越えてください。

ONE DAY

種村さんのある一日のスケジュール

  • 8:15

    出社、メールチェック

  • 8:30

    朝礼、設備運転データ確認、現場作業員への作業指示

  • 9:00

    配管工事現場立会い

  • 12:00

    昼食

  • 13:00

    社内会議

  • 15:00

    工事業者打ち合わせ、資料作成

  • 16:00

    当日の生産数量、設備運転状況の確認

  • 16:30

    終礼、作業進捗の申し送り、翌日の作業指示作成

  • 16:45

    生産集計資料作成

  • 17:30

    帰宅

PAGE TOP